カテゴリー:働き方の記事一覧

カテゴリー:働き方
「新型うつ」を認めない会社は即効辞めるべし

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

気分の浮き沈みが激しかったり、ちょっと上司に指摘されただけで深く傷ついたり、仕事はまったくやる気はないけど、休日になると急に元気になる…。

 

こんな人、あなたの職場にいませんか?もしくは、あなた自身かも?

これは典型的な「新型うつ」の症状です。20代、特に女性に多いとされています。

 

 

「新型うつ」のやっかいな特徴は、「まわりからするとわがままにしか見えない」ということ。自己愛が強く、他罰的になったりするケースも多く、従来の「定型うつ病」と正反対の特徴があります。

 

これまでのうつ病だと、自己否定的、自責的、見た目もどんどんやせ衰えてまわりからも心配されますが、新型うつは過食傾向があり、仕事以外ではものすごく元気だったりするので、同情されるどころか「単なるワガママ」と呆れられてしまうところが悲しかったりします。

 

ささいなことで、プライドがズタズタに

 

「新型うつ」の気分が落ち込んでしまうメカニズムは、「拒絶過敏性」にあると指摘する専門家がいます。

 

例えば上司に「最近ケアレスミスが多いぞ」と軽く注意を受けたとします。それだけの注意なのに、その言葉に過敏に反応してしまい「プライドをズタズタされた」と悲観的に感じてしまい、重いトラウマとなってPTSD(心的外傷後ストレス障害)のような症状になってしまうといいます。

 

通常のPTSDは生死に関わる出来事など、深刻な体験をした結果発症する病気なのですが、「新型うつ」の若者は、何らかの原因でその沸点が異様に低くなってしまっているといえそうです。

 

「新型うつ」を放っておくと大変なことになる!

 

実は「新型うつ」という病名は心理学上では存在せず、マスコミがつくった言葉です。新型うつは「非定型うつ病」との類似点が多いと指摘する学者もいます。その特徴は、自分に不都合な出来事が起こると気分が沈み、楽しいことがあるとウソのように元気になる、しかし長続きせず、また憂鬱状態に戻ってしまう、といったように、「新型うつ」とよく似ています。

 

ともあれ、「新型うつ」的な症状のある人は、そのままにしていてはいけません。もちろん、放っておくと社会生活にひどい悪影響を及ぼしますし、症状が固定化してしまい、治りづらくなってしまうといいます。

 

新型うつはパニック発作を起こす場合もあり、パニック障害との関連性も指摘されています。重病化する前に、適切な治療が必要です。

 

ですので、「新型うつ」を「若者のワガママ病」と片付けると大変なことになります。もし、「新型うつ」的な傾向のある社員がいたら、休職させるなりカウンセリングを勧めるなりしないといけません。社内でできることは限られているので、専門家の判断を仰ぐのが得策といえるでしょう。

 

従業員数50人以上の企業は、従業員のストレスチェックが義務付けられています。従業員のメンタルヘルスを疎かにする会社は、充分にブラック企業の要素があると考えられます。

 

もし、あなたが仕事によってメンタルがおかしくなったとき、会社はどんな対応をしてくれるのか…?

 

こんな視点も、転職を考える大事な要素のひとつかもしれません。

 



労働環境を改善しない企業は生き延びていけない

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

政府が躍起になって進めている「働き方改革」。残業時間を減らす努力をしている企業もある一方、手付かずの企業も多いといった具合で、まだまだ全国的な広がりをみせているとはいい難い印象です。

 

そんな中、オランダ系の人材サービス会社ランスタッドが、「休日活動、仕事の状況に関する調査」を実施しました。調査の対象は、全国の一般企業に勤務する20~69歳の男女1800人。その結果は以下の通り。

 

「未消化の有給休暇が多い」…59.8%

「まとまった休暇が取りにくい」…53.4%

「在宅勤務など勤務時間・形態の自由度がない」…50.2%

 

有給休暇は取りづらく、固定された勤務形態に不満を多く持っていることがわかります。労働者の権利であるはずの有休ですが、周りの顔色をうかがいながら恐る恐る申請する、といった光景が目に浮かびます。

 

もちろん、大きな支障を来さない日程で取得するなどの配慮は最低限必要ですが、公休日の前日や後日には取りづらいなどの雰囲気があると、旅行にもなかなか行けず、リフレッシュもままなりません。

 

また、「残業時間が長い」といった不満も3割近くあり、こちらもまだまだ改革が行き渡っていないことがわかります。

 

生産性を上げるためには…?

 

そもそも、なぜ政府は「働き方改革」なるものを推進しているのでしょうか?その理由のひとつに、生産性の向上があります。

 

少子高齢化が進み、日本の労働人口は減る一方です。そうすると、少ない労働人口で経済成長を遂げるには、生産性を上げていくしかありません。そのためには、課題がふたつあります。業務効率化と、労働時間の削減です。

 

業務効率化と労働時間の削減…これは、ブラック企業がもっとも不得意とするもの。このふたつがずば抜けて悪く、しかし倒産までには至らない会社がブラック企業であるともいえます。

 

上司が帰るまで帰れない、無駄な会議が多く、その資料作成に夜遅くまでかかってしまう…といった無意味な慣習が、非効率と長時間労働を助長しているのです。

 

働き方の多様性が鍵

 

生産性を上げるためには、従業員の意欲・満足度を高めることも大切です。上記の「休日活動、仕事の状況に関する調査」でも休暇に対する不満が多いのがわかりました。

 

注目したいのは、「在宅勤務など勤務時間・形態の自由度がない」という不満がほぼ半数を占めていることです。

 

社会保障が充実し、生産性も高いとされる北欧のノルウェーと日本との働き方の違いを比較したデータがあります。

 

●始業・就業時間が決まっている

日本…65.5%

ノルウェー…17.5%

 

●働く場所を問わない「リモートワーク」が認められている

日本…20.9%

ノルウェー…77.5%

 

●休日出勤の頻度

日本「ほぼなし」…75.6%

ノルウェー「ほぼなし」…47.5%

 

(ワークスアプリケーションズが2016年に行った調査による)

 

これを見ると、ノルウェーはフレックス制度を導入し、個人のライフスタイルに合わせて柔軟に勤務していることがわかります。ノルウェーでは朝の通勤ラッシュでクタクタ…なんてことはなさそうです。

 

意外なのは、ノルウェーのほうが休日出勤の頻度が高いこと。といっても、ノルウェーの場合は会社に出勤するわけではなく、自宅で書類作成やメールでの対応をしているということだそうです。状況に応じて臨機応変に対応することが、効率化につながっていることがわかります。

 

同じ調査では、「自社の生産性が高い」と感じている日本人は23%、ノルウェー人は93%という結果が出ています。この結果だけを見れば、働きやすさが効率化を生むということがいえそうです。

 

労働人口は確実に減っていき、どの業界も慢性的な人手不足になっています。生産性向上を目指し、勤務形態を多様化するなど従業員の働きやすさを改善していかないと、企業は求職者から見向きもされなくなってしまうでしょう。

 

もし、あなたがヒドイ労働環境で働いていたとしたら、さっさと転職してしまうことをおすすめします。そういう会社は、今後生き残っていけないのですから。

 

新卒入社した会社をどうしても辞めたい人にお勧めの転職エージェント5選

 

20代第二新卒の転職ならマイナビジョブ20’s

わざとパフォーマンスを下げて残業代を稼ぐ方法…??

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

厚生労働省の公表によると、平成28年度の大学新入社員の平均初任給は203,400円となっており、前年を0.7%上回る過去最高となっております。各種保険料や所得税、住民税などいろいろ引かれて、手取りでもらえる平均は16万円ほどでしょうか。

 

「え〜、そんなもらってないよ!」

なんて方もいるかもしれません。手取り13万円なので夜コンビニでバイトしようと考えている人や、10万円ちょっとしかもらえてないので友人との外出を控えている…という声もあります。

 

 

あなたがブラックじゃない、まともな企業に勤めているのであれば、思い切って2〜3時間残って残業代を稼いでみましょう。先輩や上司に「何か手伝うことないですか?」と自ら仕事を増やすのです。やる気があると思われ、あなたへの高感度も上昇します。

 

仕事を増やすのは正直面倒です。ただ、最初の1ヶ月間は、そうやってあえて仕事を増やし、毎日残業する習慣をつけていきましょう。1ヶ月もそれが続くと、周囲はあなたのことを「毎日残業する人」と自然に認知するようになります。そうなったらシメたもの。自分から仕事を増やすのを止め、定時より2〜3時間過ぎたくらいに業務が終わるよう、わざと仕事のパフォーマンスを下げるのです。

 

ここで注意しなければいけないポイントがあります。あなたは「毎日残業する人」なので、いろいろと仕事を頼まれやすい状態になっています。1ヶ月間の何でも引き受ける期間が過ぎたら、今度は本当に忙しくならないよう、適切に断る習慣をつけましょう。毎日遅くまで残っているあなたが「忙しいから」と言えば、発注した社員も納得するはずです。

 

ただ、この方法で残業できたとしても、イマイチ仕事をした達成感や充実感は得られないかもしれません。給料と仕事内容に満足がいかないのであれば、転職を考えるのもひとつの方法です。

 

転職はキャリアコーディネーターに相談しよう

 

転職サイトを眺めて職探しもいいですが、本当に自分の資質に見合う職種や職場環境を見つけるのは至難の業。そこで頼りになるのが、転職をサポートしてくれるキャリアコーディネーターの存在です。

 

リクルートキャリアが運営する「就職Shop」は、利用者の9割が20代を占める若者向けの転職サービス。

 
就職Shop


 

ここの特徴は、キャリアコーディネーターがあなたの要望や経験をヒアリングし、適切な企業に書類審査なしで紹介するシステムを採用していること。自分で企業を探し、書類を書いて…という手間が省けるので、スピーディな職探しが可能です。

 

もちろん、100%取材済の企業の求人なので、労働環境がヒドすぎる…なんてことはありません。業種や職種も多種多様なので、やりたい仕事や業界の中から、あなたに最適な企業を紹介してくれます。

 

 

仕事で悩みが出てきたとき、専門家から様々な職種や業界の話を聞いてみるだけでも、視野が広がり、いい勉強になると思います。
 

「こんな会社辞めてやる!」と毎日わめいている人は、絶対辞めない訳

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

文句ばっかり言っている人って、いますよね?同僚や上司、社長の悪口はもちろん、「会社が馬鹿だから客も馬鹿ばっか」などとお客さんまでも悪く言い、毎日愚痴ばかりの人。

 

そして、最後に一言、「ああ、早くこんな会社、辞めよ」

 

まあ、こんな人は、絶対辞めませんw。なぜか? 結局、会社に依存しているからです。

 

こういう人は、100%仕事ができません。文句ばかり言うということは、自分の責任を相手に押し付けているだけだということに気づいていないのです。

 

問題があれば説明し、改善策を相手に伝え、実行する。それをしないで、問題を相手のせいにし、問題を放置したまま、文句ばかり垂れ流す。これでは、いい仕事ができるはずがありません。

 

 

本気で転職を考えているあなたは、まさか文句ばかり言っている人ではないと思いますがw、もし、最近愚痴が多いなと思ったら、ちょっと振り返って考えてみたほうがいいかもしれません。自分の責任で仕事をしっかりしているかどうかを。

 

「手を抜く」仕事が習慣になってしまう

 

「あまり儲からない仕事だから適当にやってもいい」とか、「先輩から引き継いだ仕事だから片手間でやろう」などと思っていないでしょうか?

 

すべての仕事に全身全霊を注ぐ必要はないにせよ、少なくともミスなく、誠意を持って対応し、お客さんが納得するレベルまでは持っていかなければなりません。それが、仕事をする上での最低限の責任です。手を抜いてしまうということは、いわば責任の放棄となります。

 

実際、手を抜いてもなんとかなってしまう場合もあります。ただ、それは運が良かっただけ。それに味をしめてしまい、習慣となり、癖になってしまったらおしまいです。そういう社員には、やりがいのある大きな仕事は任せられません。

 

小さな仕事をしっかり責任感を持ってこなしていく。その積み重ねが、後々の評価へとつながります。それは、良い習慣として自分の中で身につけていく必要があります。

 

しかし、会社からの評価が上がらず、一向にそこから脱却できなければ、どうするか?進むべき道は二手に分かれます。

 

冒頭の人物のように、愚痴人間になるか。

はたまた、転職するか。

 

どうせ転職するからといって手を抜いていたら、ヤバイです。転職した先で、愚痴っぽい人になってしまうかもしれません。どんな仕事もきっちりこなす。これはお客さんのためでもあり、ひいては自分のためでもあります。

 





 

第一希望の大企業に就職した新卒がどんどん辞める件

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

ところで、あなたは希望の会社に入社できましたでしょうか?

 

今どきの新卒就活生は、平均30社くらい応募するといわれています。その中で、何社か内定をもらい、いろいろ悩んで就職先を選択します。30社のうち、ダメ元で憧れの大企業に10社ほど応募してみたけど、書類審査で全部落とされた…なんて人はザラにいるでしょう。


 

さて、幸運にも第一希望の大企業に就職できた方は、さぞかし充実した毎日を送っていることでしょう…。と思いきや、そうでもないケースは多々あります。入社してしばらくすると「こんなはずじゃなかった…」と落胆している大企業の新卒生は少なくありません。

 

なぜか。

なんとか滑り込みで就職できた新卒と違い、大企業の新卒生はその会社に壮大な理想や勝手なイメージを抱いてしまいがち。理想と現実のギャップが大きく広がってしまうのです。

 

誰もが知っている大企業であろうと、評判の良いホワイト企業であろうと、実際に自分に合うかどうかは入社してみないとわかりません。

 

憧れの会社が実は自分にはまったく合わないという悲劇

 

こんなケースもあります。

雑誌編集者希望の新卒生A君は、有名出版社の二次面接まで進むも、惜しくも内定には至りませんでした。結局、内定をもらえたのは中堅のIT企業。面白い雑誌の企画を考えたり、好きなライターや漫画家に出会えることを夢見ていたのに、プログラム言語を覚える研修を受けさせらることになってしまいました。

 

「ITなんてよーわからん」と就職浪人も考えたA君でしたが、研修を受けてみると、意外にもプラグラミングの魅力にハマってしまいました。その後もどんどん仕事を覚え、3年後にはプロジェクトリーダーを任されるまでになったのです。

 

入社した会社で自分の力が発揮できるかどうかは、入社前の希望の度合いとは必ずしも比例しません。あまりにも希望や志向が強すぎると、自分の可能性を狭めてしまうことすらあります。

 

憧れの会社に入社→「こんなはずじゃ…」になってしまったら、どうするか?

まず、入社前にいただいていたイメージを客観的に見つめる必要があります。身近な人に相談してみましょう。話しやすい先輩や同期、友人、親兄弟でもいいでしょう。そこで、続けていける自信がつけばいいし、そうでなければ…ほかの道を探るのもひとつの選択です。

 

自分探し?というわけではありませんが、あなたの思ってもみなかった可能性が、あなたの中に眠っているかもしれません。
 



 

安定を求めて大企業に就職←コレ、一番リスキーな選択だって知ってた?

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

大企業。イイですよね〜。

初任給もいいし、誰でも知ってるから「○○さんって一流企業で働いてるんだ!へぇ〜」と言ってもらえるし、親ウケもバツグンだし、保養地もあったりで福利厚生も手厚いし、潰れる心配皆無だし…??

 

 
 

大企業は、平気でリストラします

 

…て、まさかここまでの大企業信者は今どきいないでしょうが、当然のことながら絶対倒産しないとも限りませんし、リストラだって余裕であります。

いや、大企業だからこそ、大胆なリストラに踏み切ります。

 

台湾の企業に買収されたシャープは、3234人のリストラを実施。さらに7000人の削減が噂され、それでもなお再建は難しいといわれています。

 

不正会計で問題になった東芝は、リストラや早期退職を含めて国内外7800人の人員を削減。

世界56カ国に展開するグローバル企業の横河電機、日立建機、田辺三菱製薬といった一部上場企業も相次いでリストラや早期退職を行っています。

 

なんとあのソニーは「リストラ部屋」と呼ばれるセクションがあるのを知っていますか?

正式名称は「キャリア開発室」。

ここに送られたら最後、仕事は奪われ、退職加算金や転職エージェントの紹介を受け、退職に追い込まれるそうです。

 

公表されているだけでも、1999年から2015年までの16年間に約8万人以上がリストラにあっているというのもうなずけます。

 

このように、大企業であればあるほど会社を守る力が働き、社員を見殺しにします。

それでも大企業って、安定しているといえますかね…??

 

「安定志向」こそが生活の安定を脅かす!

 

そもそも「安定志向」ってなんでしょう?

一流企業や公務員になり、リストラされる心配のない組織で定年退職するまで働き続けることでしょうか?

 

もしそうだとしたら、それは結構ヤバイ考え方だと思います。

 

戦後の日本企業は、長らく「終身雇用」という雇用モデルで経済成長を支えていました。

個人の能力やスキルではなく、社歴を優先とした人事考査で、若いときは安月給で辛抱して働き、年功序列で役職が上がっていくにつれて給料も増えていくというシステムです。

 

このシステムにより、多くの男性は会社のために身を粉にして働き、30年ローンのマイホームを購入することが可能となりました。

しかし、バブル経済崩壊後、このシステムはもろくも崩れます。

 

終身雇用は、いわゆる「窓際族」と呼ばれるローパフォーマンス社員を生み出してきました。

別の見方をすれば、日本の法律は、簡単に社員を解雇することは難しいのです。

それが終身雇用を促進していたのですが、経済成長を続けていた時代はとうに終わり、企業も使えない社員を抱えていく体力がなくなってきました。

 

企業は生き残るために、社内の新陳代謝を図り、組織をスマートにします。

日本の法律は労働者を保護している側面が強いので、すぐ解雇、というわけには行きません。

退職金加算や転職支援などの次善策を提案し、ローパフォーマーを自主退職に追い込むのです。

 

終身雇用が崩壊した今、どんな大企業でも倒産やリストラのリスクはつきまといます。

「安定志向」などという甘い考えは、今の時代、通用しなくなってしまいました。

 

それでも安定した生活を送るにはどうしたらよいか…?

 

とはいえ、です。

アルバイトや派遣ではなく、やっぱりボーナスが出る正社員のほうがいいですし、いつ倒産するかわからないような会社より、将来が望めるような企業に入社したいと思うのは当たり前です。

 

そのためには、あなた自身が価値のある人材でなければなりません。

ビジネスパーソンとして最低限必要な3つのポイントを挙げてみました。

 

1 絶対的な安定はないことを知る

 

これは前述したとおり。大企業に就職すれさえすれば安定、という考えでは、今の時代生き残っていくのは難しいでしょう。

生きていく考え方、心構えの問題です。

 

2 情報収集力・情報分析力

 

自分に適した会社を探すのも、緊急事態にセーフティネットなどを利用するのも、そこにそれがあることを知る必要があります。

情報弱者では、最低限の助けすら求められない社会。

逆にいえば、必要な情報を探す能力さえあれば、道は開けてくるのです。

 

3 コミュニケーション能力

 

友達とのコミュニケーションは抜群なのに、会社の先輩や上司への報告では意味不明なことを言ってしまう…なんて20代が多いような気がします。

 

共有している情報が多いのが同年代。回りくどい説明をしなくても通じますし、感覚的にも近いので、曖昧な表現でも共感できてしまいます。

それに対し、会社の先輩・上司やお客様とは、年も違えば立場も違う。

 

そうした共通点の少ない人とうまくコミュニケーションをとるには、ロジカルな説明や、誰にでもわかる言い回しが必要です。

 

当たり前ですが、ビジネスで関わるのは、ほとんどが同年代以外の人々。

ビジネスの世界で生き残るには、ロジカルなコミュニケーション能力が不可欠です。

 

この3つのポイントは、今の時代を生きるビジネスパーソンの基礎だと思います。

「○○しておけさえすれば安心」という考えこそが危険だということは、頭に入れておきましょう。