カテゴリー:ITの記事一覧

カテゴリー:IT
営業に向いてない人が無料でITエンジニアになれる方法

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

現在の転職市場は大変な賑わいをみせており、まだまだ売り手傾向は続くと予想されます。

「いくら求人を出してもなかなか人が集まらない」と嘆く企業の人事担当が多いのも事実。求職者にとっては選択肢が増えて望ましく、企業側にとっては人材不足が続く悩ましい、といった状況です。

 

「今こそ転職のチャンス!」なのですが、ちょっと冷静に考えてみましょう。いくら人手不足といえども、誰でもいいわけではありません。あなたは企業が欲しがるようなスキルを持っていると自信を持っていえるのでしょうか?

 

 

正直、人気の事務職の転職はキビシイ

 

転職サービスのDODAの調査によると、転職求人倍率の高い業界は以下の通り。

 

    1位 IT・通信業 5.90倍

    2位 接客サービス業 2.93倍

    3位 メディア業 2.72倍

    4位 医療サービス業 2.55倍

    5位 メーカー 1.74倍

 

また、職種別の倍率は、

 

    1位 IT技術職 7.62倍

    2位 専門職 5.17倍

    3位 電気技術職 4.44倍

    4位 建築系技術職 4.16倍

    5位 営業職 2.68倍

 

となっており、業界・職種ともIT関連業がダントツに求められています。続いて医療や電気、建築といった専門性の高い分野が並んでおり、専門スキルを持った即戦力のニーズが高いことが見て取れます。

 
しかし、転職相談者の多くは、一般事務職と営業職。事務職と営業職といえば、なかなか専門スキルつきづらいのが正直な印象です。ちなみに、「事務・アシスタント系職種」の求人倍率は、0.25倍。けっこう足りていますねw。

 

とはいえ、営業職はまだまだ需要がありそうです。「上司や先輩がムカつく」「もっとキャリアアップをしたい」という人は、転職に前向きになってもいい状況です。

特に20代ですと専門知識や経験を問われることは少なく、ポテンシャル採用をする企業が多くあります。

 

営業職に向いていないとわかったら、IT技術者に!

 

新卒で入社して営業職をしていくなかで、「自分は営業向いてないのでは…」と感じている人も多いのではないかと思います。営業職独特のノリについていけない、飲み会がやたら多い、精神論を押しつけてくる上司がいる、ネチネチした性格の意地悪なクライアントに理不尽な要求をされている…といった悩みを抱えながら日々鬱々と業務をこなしている人もいるでしょう。

 

もし、これ以上続けていくのはムリと思うのなら、いっそのこと需要の高いIT技術者へ転身してしまうのも一つの手です。

 

未経験でもIT企業に就職できる「ウズウズカレッジ」

 

株式会社UZUZが運営する「ウズウズカレッジ」は、研修を行いながら書類選考なしで合同面接に参加できる既卒・第二新卒向けの転職サービスです。ここの特長は、知識ゼロの未経験者を研修でITスキルを身につけさせ、面接できるレベルにまで持っていってまうところ。

 

【ウズウズカレッジ】


 

 

はじめに説明会に参加し、研修の概要を聞きます。受講することになったら、さっそく研修に入ります。コースは下記の3つ。

 

・ハイブリッドコース 期間:5週間

 →まったくの未経験者がITエンジニアや営業になるための研修

・ITエンジニアコース 期間:4週間

 →まったくの未経験者がITエンジニアになるための研修

・営業コース 期間:4週間

 →まったくの未経験者が営業になるための研修

 

ITスクールなどに通ってエンジニアを目指す人もいますが、はっきりいって、そんな必要はありません。ウズウズカレッジを利用すれば、無料で講義を受けられ、しかも企業と面接までできてしまうという、至れり尽くせりのサービスといえるでしょう。

 

「ウズウズカレッジ」を利用するには、会社を辞めなければならない!

 

ここでひとつ注意点。

以前「退職してからじっくり転職活動を…では絶対に成功しない訳」という記事を書きました。これはこれで間違っていないのですが、ウズウズカレッジを利用するとなると、研修プラス面接でみっちり4週間は必要です。在職中の人は、退職するしかありません。

 

ただ、本気でITエンジニアを目指し、会社を辞めてからITスクールを3ヶ月ほど受講し、卒業して何のサポートもなく就活する…といったコースよりも、無料のIT研修を受講し、サポートされならがら企業の面接を受けられるウズウズカレッジを利用したほうが賢い選択といえます。

 

退職前にウズウズカレッジの説明会に参加し、在職中であることを打ち明け、個別に相談してみるのもひとつの手でしょう。「他社の20倍サポートに時間をかけます」とうたっているので、きっと親身になって話を聞いてくれるはずです。

 

「ウズウズカレッジ」評判は…?

 

ひょっとしたら「株式会社UZUZ」という怪しげな社名が引っかかる…なんて人がいるかもしれませんw。良い部分を挙げるとすると、ベンチャー企業ですので前例にとらわれることなく、社長や社員も若く、熱いサポートが期待できるというところでしょうか。

 

紹介してくれる会社は、IT企業や営業職が中心です。「事務職を希望したのにIT系の求人を紹介された」なんて声があるようですが、それは仕方ありません。なんせ、事務系の求人倍率は0.25倍ですので…。

 

人工知能にIoT、フィンテックといったように、これからはITの知識や技術が必須となってきます。知識ゼロでもITの分野にチャレンジできるのは、20代の強みでもあります。

 

自分を変えるのは、自分の意思の力がまず必要。大きな決断が、あなたの新しい未来を切り開きます。

 

未経験でもITエンジニアになれる…??

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

新卒で入社したものの、「本当にこのままでいいのか?」と自分の現状に焦りを感じている人もいるでしょう。これからの時代、オペレーション的な仕事は人工知能(AI)に取って代わられてしまい、専門スキルや知識を活かせたり、付加価値を与えられる経験を積まないと生き残っていかれないんじゃないか…などと不安を抱くのは、しごくまっとうな感覚だと思います。事務とか営業職は、人工知能がもっと高度化すれば、今後なくなってしまう可能性も指摘されています。

 

では、どんな職種が人工知能に仕事を奪われずに生き残っていけるのでしょうか?少なくともITの分野でスキルを磨けば、しばらくは食いっぱぐれることはないと考えていいでしょう。IT社会といわれる現在、いたるところでシステムやアプリケーションが稼働され、つくられています。

 

 

とはいえ、プログラミングなんてまったくわからないし、そもそも文系なので、理系的な論理の世界についていけそうもない…などと最初から諦めてしまっていないでしょうか?あなたが20代であれば、未経験でもITの分野に進める可能性は十分にあります。

 

ベンチャーや中小規模のシステム会社ですと、未経験のプログラマーやネットワークエンジニアを募集しているケースがしばしばあります。初心者を応募しているわけですから当然、ゼロベースから学べる研修があり、求人でもそこはうたわれているはずです。どんな研修が行われるのか、面接時に確認してみましょう。

 

そもそもどんな職種があるの?

 

「ITエンジニア」といっても高度に細分化されていますので、一括りにすることはできません。ここでは最低限覚えておきたい代表的な職種をご紹介します。

 

●システムエンジニア(SE)

ITエンジニアの代表的な職種といえるのがSEです。SEはコンピュータシステムの設計・作成を担う重要な役割を果たします。クライアントの業務効率化を図るためにどんなシステムが必要で、どんな仕様になるのかを設計し、形にしていきます。

 

システムについて熟知していなければならいので、プログラマーとしてある程度経験を積んだ後にSEへ、といったステップアップが一般的です。

 

●プログラマー(PG)

SEが作成した設計図を元に、プログラム言語でシステムやアプリケーションを組み立てていく仕事です。
 

JavaやらJavaScriptやらRubyやらPHPやらC言語やら…といったのがプログラム言語で、このあたりを覚えていくことがITエンジニアとしてのスタートとなるでしょう。

 

●ネットワークエンジニア

SEやプログラマーがつくったコンピュータシステムを、みんなが使えるように専用機器に接続してネットワークシステムを構築し、運用、保守していくのがネットワークエンジニアの仕事です。

 

ひょっとしたら地味な印象はあるかもしれませんが、非常に大切で必要不可欠な職種。ネットワーク利用者のトラブルに対応することも多く、相手の知識レベルに合わせた説明能力も必要でしょう。

 

スクールに通わなくても大丈夫?

 

未経験で知識もほとんどないので、せめてスクールに通わないと…と思うかもしれませんが、必ずしも必要ありません。週1、2回の通学で3ヶ月で完結するコースもあったりしますが、身につくスキルもたかが知れているので実践的とはいえず、面接時に意欲のアピールくらいにはなるかな、といった程度の効果でしょう。

 

であれば、何か1冊プログラム言語の超入門的な書籍を購入し、それを学びながら転職活動をしたほうが早いですし、効率的です。

 

研修が充実しているIT企業を紹介

 

転職サイトを見れば未経験歓迎のIT企業はけっこうありますので、どんな研修が行われているのかしっかり確認して、応募するのもいいでしょう。

 

ただ、やはり実際に多くの企業情報を持っている転職エージェントに登録し、いろいろアドバイスを受けながら転職活動を行うほうが有利です。

 

利用者の9割が20代という若者向けの就活サービス「就職Shop」は、紹介する企業すべてに取材を行っているので、「入社したら、毎日日付が変わるまで働かされた」なんて心配はありません。

 
就職Shop


 

登録企業数は7600社。その中でもソフトウェア・ネットワーク系の職種と、IT・通信系の業種の求人の割合も多いことがわかります。

 

 

転職の専門家に相談すれば、未経験でもITエンジニアへの転職への道は夢ではありません。まずは興味を持ち、初心者向けのIT系の書籍を読むなど、知識を少しずつ身につけていくことから始めましょう。