パンくずリスト
  • ホーム
  • ブラック企業
カテゴリー:ブラック企業

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

政府が進める働き方改革や、電通の長時間労働が原因による自殺が社会問題となり、各企業で残業のあり方が問われています。仕事はもちろん(?)、プライベートも充実させたい新卒にとっては、ワークライフバランスのとれた生活を送れるようになるのは、とてもいいことでしょう。

 

厚生労働省が発表した2017年3月の毎月勤労統計調査によると、1人あたりの名目賃金にあたる現金給与総額が10カ月ぶりに前年同月を下回ったそうです。その原因は、やはり企業が長時間労働を見直した影響が大きいとみられています。

 

それでは、ブラック企業が淘汰され、すべての会社が定時退社、休日出勤ナシとなったら世の中はどうなるでしょう?従来までは「お客様は神様です」という言葉が表しているような、クライアントファーストの考え方でした。勤務時間が長くなろうとも、クライアントの要求を受け入れることが当然とされていました。

 

しかし、定時退社が必須で退社後も仕事を持ち帰らないとしたら、上記の考え方は通用しなくなります。つまり、クライアント側が要求するレベルを落とすしかないのです。

 

 

便利すぎる世の中で苦しむ人々

 

サービスの質を落としたくなければ納期を延長せざるを得ません。スピード優先であれば、質が落ちる可能性があります。ネットで買った商品がすぐ届くなんてこともなくなるかもしれません。店舗の営業時間も短縮されることだって考えられます。年中無休の店舗はブラック企業だ!なんて叩かれることも考えられます。

 

残業がなくなるのは私たちだけではなく、私たちが普段利用しているサービスを提供している会社も同じだということを忘れてはいけません。これまで当たり前に享受していたサービスが同じように提供されない局面が増えてくるでしょう。

 

今の日本は便利な社会なのかどうなのか?これは他国や時代との比較でしか判断がつきませんが、日本は世界レベルでみても、かなりきめ細やかなサービスが行き届いている国だといって異を唱える人はい少ないでしょう。それでも、もっと早く、もっと質のよいサービスを求めてしまうのがカスタマーであり、クライアントであります。負担を強いられるのは、いつもサプライヤー、サービスを提供している側というわけです。

 

広告業界はまさに「お客様は神様です」がまかり通っている業界。電通の高橋まつりさんの悲劇は、そこに原因のひとつがありました。ネットで気軽に商品を買える反面、宅配便スタッフの負担は増える一方です。こうした便利さを過度に要求すれば、サプライヤーは疲弊してしまいます。そのあたりのバランスを考えなければいけない時期にきていると思います。

 
 

--------------------------------------------------------

「転職したいけど、本当はどんな職種や業種が自分に向いてるんだろう…?」
そうお悩みの方も多いと思います。

 

そんな方におすすめなのが、転職エージェント。
担当のアドバイザーの分析や意見は、あなたの力になるはずです!

 

ポテンシャルの高い20代を求めている企業はたくさんあります。
あなたまだ、自分の適性に合った仕事に出会えていないだけなのです!

 

【ハタラクティブ】




 

第二新卒層や既卒向けの転職エージェント。

「自分はどんな仕事に向いているのかわからない」という人でも、「自分発見カウンセリング」で働く方向性が見えてきて、適性のある職種・職業を紹介してくれます。

ビジネスマナー講座や模擬試験など、就活に必要なサポートも充実。

仕事をしっかり覚える前に会社を辞めてしまった方でも安心です。

 

【マイナビジョブ20's】




 

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。

土曜日に転職支援セミナーが開催されているので、在職中でも活動が可能。

東京・名古屋・大阪・京都の4都市で行われます。

それぞれのエリアの企業動向に密着しているのが強み。

もちろん、企業にはしっかりと取材済みなので、「せっかく就職したのにまたブラックだった〜!」なんてことはありません。

 

【DODAエージェントサービス】




 

業界トップクラスの転職エージェントサービス。

非公開求人数は8万件以上!

第二新卒層専任のアドバイザーが在籍しているので、キャリアが浅くても心配ありません。

DODA限定で求人を出している企業や、人気企業の紹介もあったりと、大手ならではの充実したサービスが期待できます。

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

電通に新卒入社した高橋まつりさんの過労自殺が話題となり、厚生労働省は強制捜査に踏み込みました。

政府は「働き方改革」を進めており、安倍総理も「“モーレツ社員”という考え方自体が否定される日本にしたい」と発言しています。

異例のスピードと規模で操作が行われた背景には、こうした動きが影響していたのかもしれません。

 

 
 

なぜ過労死するまで働かないといけないのか

 

「そんなにヒドイ働き方をされているのなら、転職すればいいじゃん」と思ってしまいますが、なかなか辞められなかった理由を考えてみました。

 

理由① せっかく電通に入社できたのに、辞めてしまうのはもったいない

理由② 働きすぎてまともな思考ができなくなっていた

理由③ 今がんばれば明るい未来が待っている!と信じていた

 

学生人気ナンバーワンの電通に入社できたら、そうそう簡単な理由では辞めないでしょう。

ただし、100時間以上残業しなければならないとしたら、どうなのか。

 

高橋まつりさんの場合、理由②のケースで自殺という結果を招いてしまったような気がします。

上司からのパワハラ発言を受け、精神的に追いつめられてしまったようです。

思考停止状態になるまで追い込むという、ブラック企業の典型的な手法です。

(⇒恐怖の過労死殺人ブラック企業 電通の実態)
 

過労死寸前までがんばってしまう理由は、③のケースも多いのでは。

電通で働いていれば、ナショナルブランドとも取引できるし、将来の昇給・昇格、定年退職した際の退職金も期待できます。

つらい時期を乗り越えれば、将来の社会的な地位と経済面が保証されているのです。

ただ、命の保証はないかもしれませんが…。

 

理由③の希望は、現在ではほとんど幻想といっていいでしょう。

これからの日本社会では、なくなっていくものです。

なぜか。

新卒入社した会社にがんばってしがみついていれば、次第に昇給・昇格していく、というレールがすでに壊れかかっているからです。

 

つまり、終身雇用制が崩壊してしまっている、ということです。

 

終身雇用制が崩壊した先に待っているのは…?

 

安定と思われている大企業に入社した社員ほど、この幻想にしがみつきやすい傾向があります。

このことに早く気づかないと、会社が方向転換をしたときに対処できなくなってしまいます。

 

大手企業だからといって、しがみついていこうとする思考は非常に危険です。

ソニー、シャープ、東芝といった戦後を支えた大企業が相次いでリストラを行わざるを得ない状況になりました。

 

でも、悲観的になることはありません。

終身雇用制の崩壊は、転職市場の流動化を伴います。

 

自分のスキル・経験、理想とするライフワークバランス、そして社会状況を踏まえながら、自分にとってそのときどきに見合った会社に転職する、ということが当たり前の選択となる社会が、すぐそこまで来ています。

 

第二新卒に強い転職エージェント5選

 

「今の社会情勢で、うちの会社の社員でいることはしんどいな〜」

「このままこの会社で働いているとウツになる…」

などとお感じの方は、早めに転職を考えたほうがいいと思います。

第二新卒世代を中心に、親身になって転職活動をサポートしてくれるエージェントを紹介します。

転職エージェントをうまく使いこなすスキルも、今の時代を生きる力になると思います。

 

【パソナキャリア】


 

 

非公開求人を含む2万件以上の豊富な案件も魅力ですが、パソナキャリアの最大の特長は、その手厚いサポート体制です。

転職が初めての第二新卒層や20代に特におすすめ。転職活動の進め方から通過しやすい応募書類の書き方、企業選びのコツなど親切丁寧にサポートしてくれます。

平日の夜や土曜日も対応可能なので、勤務しながらの転職活動がグッと便利になります。

 

【マイナビジョブ20's】

 
 
 

マイナビが運営する20代に特化した転職エージェントです。

土曜日に転職支援セミナーが開催されているので、在職中でも活動が可能。

東京・名古屋・大阪・京都の4都市で行われます。

それぞれのエリアの企業動向に密着しているのが強み。

スムーズな転職が期待できます。

 

【DODAエージェントサービス】

 

 

業界トップクラスの転職エージェントサービス。

非公開求人数は8万件以上!

第二新卒層専任のアドバイザーが在籍しているので、キャリアが浅くても心配ありません。

DODA限定で求人を出している企業や、人気企業の紹介もあったりと、大手ならではの充実したサービスが期待できます。

 

【ハタラクティブ】

 
 

第二新卒層や既卒向けの転職エージェント。

「自分はどんな仕事に向いているのかわからない」という人でも、「自分発見カウンセリング」で働く方向性が見えてきて、適性のある職種・職業を紹介してくれます。

ビジネスマナー講座や模擬試験など、就活に必要なサポートも充実。

仕事をしっかり覚える前に会社を辞めてしまった方でも安心です。

 

【いい就職.com】

 

 

第二新卒・既卒者を採用したい企業数2000社以上を誇る転職エージェントです。

ここの特徴は、対応エリアが東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・広島・札幌・沖縄と全国に渡っていること。

環境を変えて再チャレンジ!なんてことも夢ではありません。

アドバイザーは若手が多く、あなたに近い感覚で相談に乗ってくれます。

 

学生からもっとも人気のある企業って知ってますか?

 

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

学生からもっとも人気のある企業。答えは、「電通」です。

 

 

楽天が調査した「就職人気企業ランキング」(2016年)によると、

  • 第1位 電通
  • 第2位 ANA
  • 第3位 伊藤忠商事

となっています。
 

しかし、2016年は、電通にとって受難の年となってしまいました。

大きなところでいえば、まずはweb広告の過剰請求

100社以上の企業に広告費を過剰請求していたのですが、これはトヨタという大企業の訴えにより明るみに出ました

 

過剰請求されていると薄々気づいていたとしても、トヨタほどの企業でなければ訴えることすらできなかったと予想されます

それほど、電通という企業は巨大な力を持っているのです。

 

もうひとつ大きな問題は、新卒で入社した高橋まつりさんが過労とストレスのために入社9ヶ月で自殺し、労災認定が下されたことです。

 

月100時間以上の労働という過酷な業務のほかに、上司によるパワハラも自殺の原因のひとつと見られています

 

「君の残業時間は会社にとって無駄」

「会議で眠そうな顔をするのは自己管理ができていない」

「目が充血したまま出社するな」

「今の業務量でツライのはキャパがなさすぎる」

 

と散々なことを言われていたそうです。

それは自己管理ができていないのではなく、ましてやキャパがなさすぎるのでもなく、上司が社員をマネジメントできていないだけ。

 

自分で責任を取らず、部下に押し付ける――これは、典型的なブラック企業の特徴です

 

憧れの企業に就職したとしても、死にたくなるほど嫌な場所で頑張る必要はまったくありません。

心が折れて自分を失ってしまう前に、さっさと転職を考えましょう。

 
 

「憧れ」だけで入社すると地獄を見る!

 

確かに、電通は普通の企業とはまったく違う体験が待っています。

 

  • ●新人歓迎会では記憶がなくなるまで飲ましてくれます。
  • ●新歓後も、時間があれば先輩が朝の4時まで飲みに連れてってくれます。
  • ●そこに、その先輩がちょっとした芸能人や有名人を連れてきてくれたりします。
  • ●朝の4時まで飲まされた挙句、定時出社を強要し、時間管理の厳しさを教えてくれます。
  • ●そんな日はただ定時出社さえすればよく、1日中トイレにこもっていても黙って許す優しさを見せてくれます。
  • ●コンペでは博報堂に対する異常な執着をみせ、絶対負けるなとものすごい剣幕ではやし立てられます。(ちなみに業界1位電通は、業界2位の博報堂に売上的には2倍ほど差をつけています)
  • ●お客様を喜ばすためなら、銀座の街を裸で闊歩します。
  •  

    電通の実態というのは、こんなもんです。

    まともな感覚が通用しない世界なのです。

     

    とはいえ、広告業界で一旗揚げてみたい、華やかな世界で自分の力を試してみたい、などと野心に満ちた人であれば、電通目指して就活するのも大いにアリだと思います。

     

    しかし、大企業だから、安定しているから、などといったヤワな気持ちで通用するような世界ではありません。

    こちらでも述べましたが、自分の志向を理解しないまま、なんとなく就職してしまうと、あとで痛い目を見てしまいます。

     

    ワークライフバランスを重視する人は、企業の知名度よりも実態をよく調べ、自分にあった会社を選びましょう。

     
    転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

     
    一緒に探そう、あなたらしく働ける場所。マイナビジョブ20's

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

あなたの会社は、誰が一番忙しそうですか?

新卒ですか?

先輩たち、平社員ですか?

係長・主任クラスですか?

課長ですか? それとも次長?

部長が忙しそうですか?

 

係長・主任クラスは現場を取り仕切るリーダーですので、忙しくて当たり前。

新卒の新人やその先輩と一緒になって数字を作っていく存在です。

 

それでは、課長や次長はどうですか?

このクラスは、チームの強化や業務フローの改善などを考え、現場を管理し、部署として成果を上げていかなくてはならない立場です。

 

しかし、よくあるのが「課長のやっていることが主任クラスと変わらない」という会社。

課長も自分のチームの予算達成に必死になっている…。

 

それでは、部長はどうでしょう?

会社の会議に追われつつ、外を飛び回り自分の仕事に手一杯で、部下の面倒を見る時間はほとんどない…なんて状況ではないでしょうか?

 

よって、部長が一番最後まで会社に残って仕事をしていたりします。
なぜなのでしょう…?

 


 

 プレイングマネージャーの限界

 

部長は部署の責任者として、大口のクライアントを担当し、数字の面でも部署を引っ張っている。一方で経営会議など出席しなければならない会議の数も多く、業務過多が続いている…。

 

こういう人を「プレイングマネージャー」といいますよね。

現場で第一線として活躍しつつ、部署内のマネジメントもこなすという役回りです。

名前からするとカッコよくも感じますが、最近の経営理論的にいうとあまり肯定的でない意見が多いように見受けられます。

 

なぜか。

結局、マネジメントがおろそかになってしまうからなんです。

 

プレイングマネージャーでOKなのは、課長クラスまで。

部長職の本来の仕事は、部署のビジョンを立てたり、部下が働きやすい環境を整えたり、経営者の意向を部下に伝え、達成方法を考えたりすることです。

 

要は、マネジメントということです。

 

会社の経営状況を考え、自分が「数字を作らないと…」と考える責任感の強い部長が多いのも事実です。

 

しかし、それを自分でやるのではなく、部下にやらせ、責任は自分でとるのが部長の役割です。

 

 マネジメントができていないと、社内環境は劣悪に…

 

部下と一緒に外に駆けずり回り、連日遅くまで働いている部長のいる会社の社内環境がいいはずがありません。

売上ばかりに目が行ってしまいがちな会社は、上層部にもマネジメントの意識があまりなかったりします。

だから、部長も課長も主任も責任の大きさが違うだけで、さほど仕事内容は変わらなくなってしまうのです。

 

あなたの会社の部長をよく見てください。

もし上記のような部長なら、社内の人間関係は良好とはいえないかもしれません。

 

ただ、責任感がある分、まだマシです。

上層部に絶大な権限がある一方、責任は部下に押しつけるというのが真のブラック企業です。

 

ブラック企業一歩手前で踏みとどまっている企業というのは、実は非常に多いのではないでしょうか。

 

自分の業務に追われしまいがちですが、自分自身を守るために会社の状況をしっかりと見回すことも大切です。

 

 

転職アドバイザーの佐藤クリスです。

 

求人広告を定期的に見ていると、複数の転職サイトに掲載されていたり、常に募集をかけている企業があります。
こういった企業は、ほぼ間違いなくブラックだと思っていいでしょう。

 

なぜ頻繁に求人を出しているかというと、それは離職率が高いからですよねw。

離職率が高いということは、社員を大切に扱っていないということの裏返しでもあります。

 
 

 若い社員がハメを外している写真は要注意!!

 

広告の内容を見てみると、「夢」「希望」「絆」「社会貢献」「仲間」「やりがい」…といった口当たりのいいワードがやたらと強調されていないでしょうか?

 

すぐ社員がやめてしまう企業など、まともではありません。

ですから、社内の実情など書けるわけがないのです。

 

そうなると、印象のよい抽象的な言葉を引っ張りだし、無理やりイメージアップを図るしかなくなってきます。

 

写真もよく見てください。

社員がやたら楽しそうに仕事していたり、あるいは社員旅行でビーチでハメを外しているような写真を掲載せている企業は要注意。

 

 

人は文字よりも、ビジュアルに目が行ってしまう傾向があります。

単純なイメージ操作ですね。

楽しそうな写真と口当たりのいい言葉で、新卒のあなたを巧妙に誘っているのです。

 

 ブラックかホワイトか? 不安だったら転職エージェントに相談

 

こういった企業は、給与が高かったりします。

25万円〜45万円、などと給与に幅があって上限が高く設定されていたり、月収例が20代で800万円近かったりする場合もあります。

 

もちろん、誰だって給料の高い会社に就職したいのは当然です。

しかし、よく考えてみてください。

 

新卒で入社してまだまともなキャリアを積んでいないあなたに、企業が平均年収以上の評価をするでしょうか?

 

そこで「弊社では研修制度が充実しているので、初心者の方でも稼げるようになります」みたいなことが書かれていたとします。

 

「そうなんだ! 経験の少ない自分でもできる!」

と思ってまたブラック企業に入社し、またまた退職し…を繰り返すと、本当にどこにも就職できなくなります。

 

ここは失敗を繰り返す前に、転職のプロに一度相談することをおすすめします。

 

 非公開求人を豊富に抱えている転職エージェント

 

「ハタラクティブ」「マイナビジョブ20s’」「就職Shop」などは、キャリアの浅い20代に特化した転職エージェント。

新卒で入社して数ヶ月で辞めてしまった、という人でも親身に相談に乗ってくれます。

 

第二新卒層を募集している企業を紹介してくれるのはもちろん、非公開求人を出している企業をたくさん抱えているので、自分で探すよりもはるかに有利です。

 

しかも、登録から紹介まで完全に無料なので、利用しない手はありません。

紹介されたからといって絶対に面接しなければならないなんてことはありませんし、面接してちょっと違うと感じたら、あなたのほうから断ったって何の問題もありません。

 

転職を考えたら、とりあえずは20代向けの転職エージェントに登録することをおすすめします。